banner

離婚ナビ > 2012年10月の記事一覧 > 浮気が原因で離婚の際には

浮気が原因で離婚の際には…

離婚の原因というのはそれぞれ様々な理由があると思います。
価値観の違いだったり生活時間のズレだったりとか…。
そんな様々な理由がある中で、一番多い理由は浮気なのではないでしょうか。
たしかに浮気はいけないことだと思います。
今まで信じてきた配偶者から浮気をされてしまったら感情が一気に冷めてしまうのもわからなくありません。
けれども浮気で離婚の際にはかなり揉めることが考えられます。
浮気をされた側としてみれば何も利点が無いわけです。
配偶者の気持ちも変わってしまって、自分にもバツが付いてしまうし、今後の人生どうしよう…と。
だからせめてこの精神的苦痛分の慰謝料は請求したいと思うでしょう。
そんなときは専門家に相談をすることをオススメします。
いくら離婚は二人の問題だとは言っても二人では解決することができないことがあります。
浮気が原因で離婚をすることになったときには損をしないためにも専門家に相談してみてください。

Copyright(c) 2012 離婚ナビ All Rights Reserved.