banner

離婚ナビ > 専業主婦が離婚してしまったら

専業主婦の離婚は心強い専門家の味方が欲しいものです

世の中には「まさか」と思われる出来事が多いのですが、一生続くと思われた結婚も離婚と言う結論になる場合も最近は多くみられるようになりました。
理由は様々でしょうが、離婚という選択をした方が幸せになれると確信した場合は、新しい道を出発するのも良いでしょう。
せっかくのご縁なので、我慢したり話し合ったりして明るい方向が見えそうな場合は、結婚を続けるのが良いかもしれません。

離婚は当事者の二人だけではありません
子供たちや時には親なども巻き込んで悲しい思いをすることが多いのですから。
最近は男女平等になりつつあるとはいえ、結婚生活が破たんして離婚となった場合は、女性の方がいろんな面で大変な思いをすることが多いのです。
特にこれは私がそうなので余計にも身に染みて感じるのですが、女性が専業主婦として長い時間を過ごした後、離婚をして経済的に独り立ちをしていこうと思うとなかなかハードルが高いのです。
特に専業主婦が子どもを抱えた場合は大変でしょう。

スキルや、仕事の経験が現在の社会のスピードに追いついていない場合も多いかもしれません。
「女性は強し、母は強し」と言う言葉が文字通り当てはまるように、そんな状況でも女性は死に物狂いで道を開いていくことが多いのです。
しかし、離婚に当たっては専業主婦だった女性がこれからも生活をしていけるように、今後の生活設計や慰謝料や養育費などプロ弁護士に相談できると安心でしょう。

様々な状況があるので一概には言えないのですが、住む場所も夫の毎月決まった給与もそしてサラリーマンの妻の場合はそれだけで受給できた3号の年金まで失ってしまうのです。
ですので経済状況を整理して、できれば仕事に就くなどこれからの見通しがある程度たった段階で離婚と言う手段に踏み切った方が専業主婦の場合は安心できるでしょう。
今は地方の公共の法律相談なども開催されています。
専業主婦の方はプロに相談しながらこれからの人生の選択をより良くしていけるといいですね。

弁護士の方に相談するのに抵抗がある方は、まずは周りの方に相談してみることも良いかもしれません。

Copyright(c) 2012 離婚ナビ All Rights Reserved.